MENU

CLOSE

  • トップページ
  • 財団概要
  • 設立の沿革
  • 活動実績
  • 財団への寄付について
  • お問い合わせ
  • English

活動実績

ウィリアムグラッサー記念財団が取り組んでいる活動をご紹介いたします。
ウィリアムグラッサー記念財団は、不幸な人間関係およびこれに起因する諸問題の解消を目指し、選択理論心理学をより多くの人に知っていただくために、様々な活動をしています。

イベント活動

「親の関わりが子どもを伸ばす!折れない挑戦心を育む3つのメソッド」主催

「親の関わりが子どもを伸ばす!折れない挑戦心を育む3つのメソッド」主催

教育学博士「ロバート・ウォボルディング氏」、アチーブメント株式会社代表取締役社長「青木仁志」、登山家「栗城史多氏」

2015年7月31日「親の関わりが子どもを伸ばす!折れない挑戦心を育む3つのメソッド」を主催いたしました。選択理論心理学の世界的権威であるロバート ウォボルディング教育学博士をはじめ、登山家の栗城史多氏、本財団理事の青木仁志の3名をゲストスピーカーに迎え、講演会を実施致しました。 当日は、子を持つ親や教育者にとっての永遠のテーマである「どうしたら、描いた夢に向かって主体的にチャレンジできる子どもに育つのか」について、専門家が選択理論心理学の知識や実践方法を交えながらお話をしました。500名以上の方がご参加され、選択理論心理学に多くの方が触れていただく機会となりました。

支援活動実績

美徳杜の福祉活動を支援

美徳杜の福祉活動を支援

美徳杜は、「まごわやさしい栄養学」(杏林予防医学研究所山田豊文先生提案の食事法)を基に、これまで約6年間で500名以上の障害を抱える児童や不登校学生の心と身体の健康回復をサポートしてきました社会福祉法人です。障害をお持ちの方を対象とした支援の幅を広げられている中で、本格的な就労支援施設「ワークピア河口湖」の開設を平成30年4月に予定されており、ウィリアムグラッサー記念財団でもその活動をサポートさせていただいております。

クラーク記念国際高等学校への書籍献本

クラーク記念国際高等学校への書籍献本

三浦雄一郎氏が学長を務める通信制高校(単位制)のクラーク記念国際高等学校へ『一生折れない自信のつくり方(文庫版)』を500冊を献本させていただきました。

南海放送への支援活動

南海放送への支援活動

2014年6月から、「選択理論」の魅力や日常生活での実践例を紹介し、 良い人間関係を築くためのヒントを伝えている、南海放送ラジオ番組「ラジオセラピー~幸せを育む心理学~」 への広告支援活動を行っております。

William Glasser Institute(ウィリアム・グラッサー国際協会)への支援活動

William Glasser Institute(ウィリアム・グラッサー国際協会)への支援活動